菜の花暮らしの道具店 in 伊勢丹新宿店

菜の花暮らしの道具店 in 伊勢丹新宿店
2015年3月4日(水)ー17日(火)
伊勢丹新宿店本館5F
=キッチンダイニング/プロモーション

《イベントのお知らせ》
・3月7日(土) 〈1時から〉
【イイホシユミコさんトークショー】
お茶をテーマに、2月に滞在されたドイツでのことや、
新作の急須のことなど新たな取り組みについてもお伺いしたいと思います。*これに先立ち3/4の初日には14時からイイホシさんが店頭に来場されます。

・3月17日(火) 〈1時から〉
【有元葉子さんトークショー】
イタリア、日本、それぞれの暮らしの中で有元さんが出会った人やモノ。有元さんが大切にしているコトなどをお伺いします。

 

a

b

 

PDFダウンロードはこちら(1.4MB)

26. 2月 2015 by esfs
Categories: 企画展の案内 | Leave a comment

2015年企画展のご案内

あけましておめでとうございます。
温暖な小田原では珍しく、元旦の雪で始まった2015年の未年、どんな一年になるのでしょうか。
小田原で、箱根で、藤沢で、皆さまのお越しをお待ちしております。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2015年企画展のご案内はこちらから

08. 1月 2015 by esfs
Categories: 未分類 | Leave a comment

おやつの時間

image

伊藤まさこさんの楽しい、可愛いを集めた

伊藤まさこのおやつの時間

思わず 可愛い!と声が出る展示。

作家の方たちから届いた、おやつのうつわ。

この週末までの開催です。

 

17. 10月 2014 by esfs
Categories: 未分類 | Leave a comment

伊藤まさこのおやつの時間

本日から始まりました、伊藤まさこさんの企画展。
可愛いものが好き、とおっしゃるまさこさんらしい、ふわっと笑顔になるような、おやつとうつわの展示です。
もちろん、販売もしております。

11. 10月 2014 by esfs
Categories: 未分類 | Leave a comment

伊藤まさこのおやつの時間

2014年10月11日 . 土 ― 10月19日 . 日
10月15日(水)定休

・伊籐まさこさん在廊日  11日(土)・12日(日)
在廊日には、まさこさんお手製のお菓子がおたのしみいただけます。(数量限定)

・11日午後4時より、特別ゲスト遠藤柊一郎さんによるコントラバスコンサート
・会期中、杉謙太郎さんのお花のお稽古を開催します。11日、12日、13日 各日午前・午後(予約制)
詳しくはパンフレットをご覧ください。

スクリーンショット 2014-10-05 19.42.27
・この器を見た瞬間、ころころと丸いポルボローネを盛りたい、そう思った。
粉砂糖の雪を全体に降らすと、器がふだんとはまた違う表情になった。
黒田泰蔵/平台皿 抹茶のポルボローネ

スクリーンショット 2014-10-05 19.44.07
・「温泉まんじゅう」「薯蕷」「抹茶」3つの味わいが楽しめるよう、
小さなサイズで作ったおまんじゅう。
素朴な味わいはコーヒーとの相性もよい。
白いカップもシルバーのトレーもふだんのおやつの時間によく登場するもの。
展覧会のために用意された器以外に、 ふだん愛着のある器や道具も展示される。
そば猪口/岡田直人 銀メッキ盆/猿山修
「温泉」「薯蕷(じょうよ)」「抹茶」三つの味のおまんじゅう

スクリーンショット 2014-10-05 19.45.21
・秋の定番といえば栗のきんとん。 栗の風味がじんわりと口に広がり、
ひとつで秋を堪能できる。 器はきんとんに馴染む色あいのものを。
錆盆の風合いが全体を引き締める。
鉄錆角盆/内田鋼一 唐津小皿/村木雄児 栗きんとん

スクリーンショット 2014-10-05 19.46.54
・ 陶、木工、金属、硝子。 お願いした作家さんは全部で「18」組。
「おやつ」というくくりの中で、これだけの様々な表情の器が集まった。
右上から 焼〆片口/野口悦士 丸皿/石田誠 そば猪口・リンカ小皿/岡田直人 栗手塩皿/佃眞吾 白磁輪花皿/森岡由利子  中上から ツギころ/吉田次朗 唐津ゆのみ・唐津豆皿/村木雄児 ガラス皿 流レニ咲ク/艸田正樹  左上から 焼〆皿/森岡成好 灰釉鎬ポット/余宮隆

スクリーンショット 2014-10-05 19.48.21
・伊藤まさこ 1970年、神奈川県横浜市生まれ。
文化服装学院でデザインと洋裁を学んだ後、料理や雑貨など暮らしまわりのスタイリストに。
数々の料理本、雑誌で活躍するほか、自身も料理や旅の本を執筆するなど活動の幅を広げている。

・出品作家
石田誠/ゆのみ・小皿 内田鋼一/鉄錆角盆 岡田直人/そば猪口・小皿 開化堂/茶筒 金網つじ/茶こし 艸田正樹/ガラス皿・ゆのみ 黒田泰蔵/皿・ポット 匙屋 さかいあつし/菓子切り 猿山修/トレイ・そば猪口 竹俣勇壱/菓子切り 佃真吾/トレイ・皿 野口悦士/急須・ゆのみ 村木雄児/小皿 ・ゆのみ・ポット 森岡成好/皿 森岡由利子/皿・ゆのみ 吉田次朗/ゆのみ・皿 余宮隆/ポット・ゆのみ 菜の花/菓子・杉板

スクリーンショット 2014-10-05 19.34.05

◎リーフレットのダウンロードはこちらから(2.4MB)

05. 10月 2014 by esfs
Categories: 企画展の案内 | Leave a comment

神林學展

image

 

影と遊ぶ

03. 10月 2014 by esfs
Categories: 未分類 | Leave a comment

神林學さん

作品と共に。
次回在廊日は、10/3です。

IMG_1027

02. 10月 2014 by esfs
Categories: 未分類 | Leave a comment

神林 學 作品展

すべての作品と影が、
展示室全体をキャンバスにしたひとつの絵のようです。

image1
IMG_1016

30. 9月 2014 by esfs
Categories: 未分類 | Leave a comment

神林學 彫刻

2014年9月27日. 土― 10月5日. 日
open  11:00 ―17:30
close 10月1日. 日

・神林さんを囲んで オープニングワインパーティー
日時/ 9月27日(土) 17 : 00 -18 : 30
会場/ 箱根菜の花展示室 ワインソムリエ渡辺綾さんがセレクトしたワインが届きます。(参加費2 ,000円)

暑い夏の終わり、神林さんと居酒屋のカウンターにいた。
話題は、二人が初めて出会ったときのこと。29年前。
小田原駅前で始めたばかりの菜の花の茶房で、僕は神林さんを見るなり、「お前、生きていたのか」と言ったらしい。そして握手。
なぜかずっと以前から、もしかしたら前世で、知っているような気がしたのだ。
その日から付き合いが始まり、神林さんの石膏作品「春蝉」の少年は、永らく 茶房を見守ることとなる。
石膏、テラコッタ、ワイヤー、スタッコ( 日干し煉瓦)、さまざまな素材から うまれる作品の、根底に流れるのは、人体への深い造詣。
彼の作品は、一瞬の身体の動きを切り取っている。あるものは戦士の骸であり、 また、あるものは神が宿ったように光を放つ。
何年もの間、彼の作品を見てきて、心を打たれながらも、毎回 「まだもっと、まだもっと」と思ってしまう。
もっともっと深いところへ、これからも進化していくに違いないと。
今回は、箱根菜の花展示室で、初めての、満を持しての展示である。 大きな作品もやって来る。僕は、「まだもっと」と思いたくて待っている。
菜の花 店主 髙橋台一

0201

PDFダウンロードはこちら(1.5MB)

26. 9月 2014 by esfs
Categories: 未分類 | Leave a comment

丸山正さんの着物

image

image

21. 9月 2014 by esfs
Categories: 未分類 | Leave a comment

← Older posts

Newer posts →

price viagra http://truberx.com/?search=Orgy boobs http://onxer.com/video.php?id=1259667
porno film porn hd