小林裕児 土の部屋と出会う | 箱根菜の花展示室

小林裕児 土の部屋と出会う

小林裕児 Yuji Kobayashi
土の部屋と出会う

2013年5月10日.金―5月19日.日
Open11:00―17:30/Close15日(水)

先日、小林裕児さんが毎日ドローイングを描き続けていることを知った。 そのノートには、色あせた古布が貼りつけてあったり、渋紙がほどこされ たりした上に彩色され、強い線で人物が浮かびあがってくる。めくる 一枚、もう一枚とひっぱがして持ち去りたい気にさせる。 舟出するロングボードや、小舟に乗って、森や海へくり出して、人と動物 や鳥たちと出会う。中世のフレスコ画の中にまでまぎれこんで、又、劇場 の人物のかたわらにいて、言葉を失った本人は物語を描いているようだ。 僕はといえば、21 年ぶりの再会なのであった。 今回は、「土の部屋と出会う。」というテーマで、土間と土壁の菜の花 展示室が舞台。 そこで5月12日(日)には、東フィルのコントラバス奏者、遠藤柊一郎君 とのライブペインティングの企画を立てました。 ぜひお出かけください。

店主 たかはしたいいち。

リーフレットのダウンロードはこちらから(PDF 1MB)

 

23. 4月 2013 by esfs
Categories: 企画展の案内 | Leave a comment

コメントは受け付けていません。

price viagra http://truberx.com/?search=Orgy boobs http://onxer.com/video.php?id=1259667
porno film porn hd