上原美智子のあけずば織り。−沖縄から

2012年7月7日(土)〜16日(月)
上原美智子のあけずば織り。−沖縄から

3.11の後、なかなか実現できずにいた企画が、改めて思いおこされて、ひとつひとつ決まっていったのでした。何百年か前、中国に朝貢していた時代のものが、沖縄にもどされた。その展示品の中に、かつての沖縄人がどれだけの思いをこめて、いまよりもずーっと上質の手仕事をしていたか、思い知らされましたという上原さん。そして、いま自分がしている、あけずば織りに近いものがあって、ハッとしたという。そういうものが彼女をかりたてていたんだなあと感じいった次第です。もう8年も前ですね。沖縄・石垣のヨーガンレールさんの家に泊めてもらった帰り、赤木明登さんと南風原(はえばる)町の染織家、上原美智子さんを訪ねた。そこで見たのは、この世のものとは思えない、ふあんとした白く輝く天女の羽衣。みつめていると風がおこり音が奏でられ、流れる雲にのってどこぞにきえてしまいそうな、はかない布。ひとつのまゆから、はきだされる呼吸そのままのウェーブとなって織られている様。60センチの幅、長さ5メートルあるにもかかわらず5グラムの重さ。娘さんの結婚式に纏わせたくてという母、上原美智子さんの言葉が、ずーっとのこっていて、いつか私も娘にと思ったもの。人は本来、そのようにして母から娘に、娘から子へと心とともに受け継いできたのでしょう。美しいこと。

2012 年 6 月 菜の花店主 たかはしたいいち

開館時間 11:00〜17:30

休館日 水曜日
入場料 500円(コーヒーor抹茶+お菓子付)

 

04. 7月 2012 by kogure
Categories: 企画展の案内 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

price viagra http://truberx.com/?search=Orgy boobs http://onxer.com/video.php?id=1259667
porno film porn hd